メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。

サイトトップ > メタボリックシンドロームとは

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは


メタボリックシンドロームを肥満だと理解している人が多いと思いますが、実はそうではありません。メタボリックとは代謝、シンドロームは症候群という意味で、その言葉から察するに何らかの事情で身体の中で代謝がうまくいかず、それが原因で様々な病気になってしまう可能性がある状態を示しているということなのです。


メタボリックシンドロームとはそう言う名前の病気なのではなく、内臓脂肪型肥満・高血圧・高血糖・高脂血症が重なって症状として現れる状態をさしています。その原因が代謝異常、つまりメタボリックの異常が引き起こしているということから、それらを総称してメタボリックシンドロームと呼ばれているのです。


メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気は、生活習慣病と言われ、TVや雑誌などで頻繁に取り上げられています。では、なぜこんなにメタボリックシンドロームに注目が集まったのでしょうか。日本人は元々農耕民族で肥満とは縁のない人種のはずでしたが、近年の食の欧米化やストレスの増加、運動不足からメタボリックシンドロームに陥っている、またはその予備軍が増加しているからです。


日本の死亡率の上位を占める、がん・心疾患(心筋梗塞・狭心症など)・脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)を引き起こすのが、代謝異常からなる内臓脂肪型肥満だと言われていることから、メタボリック対策に政府も力を入れているのです。


メタボリックシンドローム