メタボリックシンドローム

同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。

サイトトップ > 日本人のメタボリックシンドローム

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム

日本人のメタボリックシンドローム


メタボリックシンドロームはどの国にも起こりうるものだとされますが、原因はそれぞれ違いがあるでしょう。メタボリックに大きく作用するのが食生活で、日本は戦後50年で食生活がガラッと変わってしまいました。戦前は日本の風土で育った季節の食べ物を食べていましたが、戦後新しく入り込んできたカタカナの食文化(パン・ピザ・スパゲッティなど)は日本人の身体に変化をもたらし、今多くのメタボリックを生み出しています。


日本人には日本人の身体に合った食事があるにもかかわらず、身体は日本人のままで欧米の食事に変わったために、身体に負担が生じ、今日本人がメタボリックの危険にさらされているのです。同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。


日本人に限ったことではありませんが、本来食生活とは、その土地で育った物を食べることが一番身体に合った食事となり、昔からの日本の食文化に戻れば、メタボリックの心配は解消されると考えられます。日本の食文化の良いところは、メタボリック対策で重要となる、油の摂り過ぎを防ぐことが出来、動物性脂肪の摂り過ぎを防ぎ、野菜中心の理想的なメニューが揃う事です。


メタボリックシンドローム