メタボリックシンドローム

同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。

サイトトップ > メタボリックの基準

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム

メタボリックの基準


メタボリックシンドロームとは代謝異常からくる肥満と同時に、高血糖・高脂血症・高血圧のうち2つ以上重なった状態を言います。メタボリックシンドロームと診断される基準は、国によって決められています。日本のメタボリックシンドロームの基準は、肥満認定について、腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の状態またはBMIが25以上であること、高血糖の認定については空腹時の血糖値が110mg/dl以上であることとなっています。


また、高脂血症については、中性脂肪値が150mg/dl以上または善玉コレステロール値が40mg/dl未満であること、高血圧については、上が130、下が85以上であること認定されますが、これらの基準のうち肥満に加えて1つでも認められる場合はメタボリックシンドロームだと診断されます。


メタボリックシンドロームは肥満であることが第一条件ですが、この肥満を認定するための腹囲のサイズは、それだけで肥満と判断するには乱暴な方法だと思われがちです。しかし、メタボリックの腹囲は、身体に悪影響を与える内臓脂肪の面積100平方センチに匹敵する腹囲を表すと男性85p、女性90cmとなるといいます。よって腹囲のサイズだけでメタボリックシンドロームの肥満診断は出来るのです。


メタボリックシンドローム