メタボリックシンドローム

同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。

サイトトップ > メタボリック健診とは

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム

メタボリック健診とは


メタボリックシンドロームが世間で注目され、生活習慣病に対する国民の意識の高まりと共に、国もメタボ対策に取り組み始めました。メタボリックシンドロームに陥っている可能性がある人や、これから陥る危険がある人が多いため、早めにメタボ対策が出来るように平成20年4月から「特定健康診査・特定保健指導」が開始されました。これは、メタボリックシンドロームの危険度が増す40歳以上の医療保険加入者が対象で、今まで行われてきた健康診断とは大きく違う点があります。


メタボリック健診(特定健康診査・特定保健指導)は、自治体が行うのではなく各健保組合などの医療保険者によって行われ、健診によってメタボリックだと診断された人だけでなく、その予備軍の人にも医師・管理栄養士・保健士から特定保健指導が半年に渡って受けられるというものです。特定保健指導では個人の食生活や運動量など細かく聞き取りをして、食事や運動への指導をしてくれるだけでなく、グループ単位にすることによって仲間意識を育て、メタボリック対策から離脱しないように考えられています。


メタボリックシンドロームから解放されるには、適度な運動とバランスの良い食事が大切だと言われていますから、特定保健指導に従って半年間じっくり取り組んでみましょう。


メタボリックシンドローム