メタボリックシンドローム

同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。

サイトトップ > メタボリックかなと思ったら

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム

メタボリックかなと思ったら


メタボリックシンドロームになる人は、生活習慣に何らかの異状があるようです。メタボリックが心配な人は、自分の生活習慣についてチェックしてみましょう。


メタボリックのチェック項目は食生活と運動習慣についてがほとんどですが、それ以外にも若い頃(成人した頃)の体重と比べて10キロ以上増加しているか、この一年くらいの間に3キロ以上体重が増加したかなど体重変化についてのチェック項目があります。日常生活における運動習慣の有無の確認については、1日1時間以上歩く機会があるか、軽く汗をかく運動を最近しているか、というように一瞬ドキっとする質問があり、これだけで自分はメタボリック予備軍かな、と思う人がいるかもしれません。


さらに緊張する質問は続き、朝食を摂っているか、大食い・早食いをしていないか、就寝前2時間に食事を摂ることはないか、間食をしていないかなどは、メタボリックの心配がない人でも考えさせられてしまうチェック項目です。そして、メタボリックの人に一番悪影響を及ぼす、飲酒と喫煙のチェック項目と、しっかりとした睡眠が取れているかを確認する事で活習慣を見直すことが出来ます。これらの項目は、メタボリック(内臓脂肪型肥満)の人に深刻な合併症を引き起こす危険度を知らせる重要な項目なのです。


メタボリックシンドローム