メタボリックシンドローム

同じ食事を摂っていても欧米の人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならずに、日本人がメタボリックシンドロームになってしまうのは、欧米化した今の食生活が日本人の身体に合っていないことを示しています。

サイトトップ > メタボリックとBMI

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム

メタボリックとBMI


メタボリックシンドロームで一番重要なのは肥満に陥らないことですが、基準になる体重はどのように決まっているのでしょうか。メタボリック診断において、肥満度を測るのはおなか周りのサイズ(くびれ部分ではなく、へその位置で測定)で、体重と身長から肥満指数を導き出し、肥満度を知ることが出来ます。


肥満指数の計算式は、体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)}= BMI(肥満度)となっていて、この公式によって出された数値が25を超える場合は肥満だということになり、出た数値が25を超える方は、メタボリックシンドロームの健診を受けて合併症がないか調べてみることをお勧めします。BMI指数が25を超えたからといって、メタボリックだと診断は出来ませんが、肥満が糖尿病・高脂血症・高血圧などの病気を引き起こす原因の一つになることがわかっていますから、BMI25を超えたらメタボ健診をしてみましょう。


BMI指数25はメタボリックを心配する一つの基準になりますが、25を超えた後は肥満度1から4まで段階があります。肥満度が1から4に上がるにつれ、メタボリックの心配が増していくと言えます。メタボリックの危険が生じるBMI25〜30未満は「肥満度1」、30〜35が「肥満度2」、35〜40が「肥満度3」、40以上を「肥満度4」と言います。


メタボリックシンドローム